【2024年】格安SIM王者決定!おすすめ人気ランキングTOP5徹底比較!

近年、大手キャリアによる値下げや格安プランの提供が広がっていますが、それでもやはりスマホ代を節約するには格安SIMも見逃せないところです。
本記事では主要な格安SIM5社を比較して、どの格安SIMがおすすめかをランキング形式で紹介します。

比較して選ぶ!格安SIMプラン一覧|料金・データ容量・キャンペーンを徹底解説!

格安SIM通信回線月額料金(音声通話付きプランの場合)月間データ量
ワイモバイルソフトバンク2,178円〜4,158円3(5)GB〜25(30)GB
UQモバイルau2,365円〜3,465円4GB〜20GB
マイネオドコモ/au/ソフトバンク1,298円〜2,178円1GB〜20GB
IIJmioドコモ/au850円〜2,000円2GB〜20GB
OCNモバイルONEドコモ550円〜1,760円500MB〜10GB
イオンモバイルドコモ/au803円〜5,258円500MB〜50GB
楽天モバイル楽天1,078円〜3,278円3GB〜無制限
LIBMOドコモ980円〜2,728円3GB〜30GB

この表を参考にして、料金、データ容量、通信回線などを比較しながら、自分に最適な格安SIMプランを選ぶことができます。

格安SIMおすすめ人気ランキングTOP5

ワイモバイルの高速データ通信速度や充実したカバレッジ、楽天モバイルのお得なプランと無制限データ、UQモバイルの通話品質の良さ、IIJmioの低価格で柔軟なプラン、OCNモバイルONEのコストパフォーマンスの良さなど、それぞれの格安SIMには魅力的な特徴があります。
自分のニーズや予算に合わせて最適なプランを選ぶことができるでしょう。

順位格安SIM
1位ワイモバイル
2位楽天モバイル
3位UQモバイル
4位IIJmio
5位OCNモバイルONE

第1位「Ymobile(ワイモバイル)」

概要内容
通信回線ソフトバンク
月額料金2,178円 / 3,278円 / 4,158円
データ容量3GB / 15GB / 25GB
通信速度朝:59.16Mbps、昼:72.36Mbps、夜:31.13Mbps
カウントフリー無し
基本通話料22円/30秒
通話オプション10分以内かけ放題 / 完全かけ放題
サポート店舗 / 電話 / チャット / メール
初期費用3,850円

ワイモバイルは、700万回線以上の契約数を誇ることから、格安SIMを広めたブランドの代表的存在です。

Ymobileのメリット・デメリット

ワイモバイルのメリットワイモバイルのデメリット
通信速度や品質が安定している基本料金が他社よりも高い
全国のショップで直接対応可能選べるプランが少ない
家族割やネット割を適用するならお得カスタマーセンターに繋がりづらい

ワイモバイルは格安SIMの中でも通信の安定性や速度の面で高い評価を受けています
実店舗での取り扱いが多いため、申し込みやサポートに不安がある人にも安心です。
また、家族割やSoftBank光の利用で割引が受けられるため、家族で利用する場合やSoftBank光を利用している場合には経済的です。

一方で、ワイモバイルの月額料金は他社に比べてやや高めです。
プランの選択肢も限られており、データ量が5〜15GB程度のユーザーには割高に感じるかもしれません。
また、他の格安SIMと同様にカスタマーセンターへの接続が難しいというデメリットもあります。

Ymobileは全国の店舗でサポートが受けられて安心!【PR】

従来のベーシックプランよりもお得な新料金プランが開始

出典:Ymobile

2台目以降の契約の場合
月額料金が1,188円割引!!

評価
おすすめ
ポイント
乗り換えで最大15,000円相当の
PayPayポイントプレゼント
特徴SoftBank回線を利用しているので
大手キャリアと同じく速度が安定

Y!mobileは、Softbank回線を直接利用できるSoftbankのサブブランド。5年連続スマホ満足度No.1を獲得しているほど、人気が高い格安SIMです。今すぐこちらでお申し込み!

【2023年最新】Ymobileのお得なキャンペーン

キャンペーン名内容
新どこでももらえる特典申込から4ヵ月後ショッピングでPayPayポイント6,000円相当バック
SIMご契約特典MNPでPayPayポイント最大10,000円相当プレゼント
SIM PayPayポイント20%上乗せ特典MNPでPayPayポイント最大10,000円相当プレゼント
60歳以上通話ずーっと割引キャンペーン60歳以上で「スーパーだれとでも定額(S)」の月額料金1,100円が永年割引
データ増量無料キャンペーン2
※2023年6月13日まで
初めてデータ増量オプション契約で1年間月額料金無料
データ増量無料キャンペーン3
※2023年6月14日から
初めてデータ増量オプション契約で6ヶ月間月額料金無料
シンプルSデータ増量キャンペーン
※2023年6月14日から
シンプルS加入&初めてデータ増量オプション契約で最大7ヶ月間1GB増量
下取りプログラム下取り対象機種に応じて毎月の利用料金から割引
おうち割対象ネット回

Ymobileは全国の店舗でサポートが受けられて安心!【PR】

従来のベーシックプランよりもお得な新料金プランが開始

出典:Ymobile

2台目以降の契約の場合
月額料金が1,188円割引!!

評価
おすすめ
ポイント
乗り換えで最大15,000円相当の
PayPayポイントプレゼント
特徴SoftBank回線を利用しているので
大手キャリアと同じく速度が安定

Y!mobileは、Softbank回線を直接利用できるSoftbankのサブブランド。5年連続スマホ満足度No.1を獲得しているほど、人気が高い格安SIMです。今すぐこちらでお申し込み!

第2位「楽天モバイル」

概要内容
通信回線楽天
月額料金1,078円〜3,278円の段階制
データ容量3GB〜無制限
通信速度朝:19.06Mbps、昼:26.40Mbps、夜:31.42Mbps
カウントフリー無し
基本通話料22円/30秒
通話オプション10分以内かけ放題
サポート店舗 / 電話 / チャット / メール
初期費用0円

楽天モバイルは、550万回線以上の契約数を誇り、近年安定した人気を持つ携帯キャリアです。ドコモ、au、ソフトバンクに次ぐ存在として、多くのユーザーから支持を集めています。

楽天モバイルのメリット・デメリット

楽天モバイルのメリット楽天モバイルのデメリット
低価格で無制限のデータ使用が可能楽天回線エリアが限られている
安定した高速通信と国内通話がかけ放題通話には専用のアプリが必要
楽天経済圏を利用することでさらにお得になるパートナー回線はデータ無制限ではない

楽天モバイルの特徴は、3,278円という低価格でデータを無制限に利用できる点です。また、楽天回線エリアでは安定した高速通信が可能であり、専用の通話アプリを導入することで国内通話がかけ放題です。さらに、楽天カードや楽天銀行、楽天市場などの楽天経済圏を利用することで、楽天モバイルの利用でポイントを貯めることができます。

ただし、楽天回線エリアはまだ限られており、一部地域ではau回線(パートナー回線)を利用する必要があります。このパートナー回線ではデータ使用量に制限があるため、注意が必要です。また、高層ビルや地下など障害物の多い場所では通信が繋がりにくくなる可能性もあります。

【2023年最新】楽天モバイルのお得なキャンペーン

キャンペーン名内容
新どこでももらえる特典申込から4ヵ月後ショッピングでPayPayポイント6,000円相当バック
SIMご契約特典MNPでPayPayポイント最大10,000円相当プレゼント
SIM PayPayポイント20%上乗せ特典MNPでPayPayポイント最大10,000円相当プレゼント
60歳以上通話ずーっと割引キャンペーン60歳以上で「スーパーだれとでも定額(S)」の月額料金1,100円が永年割引
データ増量無料キャンペーン2
※2023年6月13日まで
初めてデータ増量オプション契約で1年間月額料金無料
データ増量無料キャンペーン3
※2023年6月14日から
初めてデータ増量オプション契約で6ヶ月間月額料金無料
シンプルSデータ増量キャンペーン
※2023年6月14日から
シンプルS加入&初めてデータ増量オプション契約で最大7ヶ月間1GB増量
下取りプログラム下取り対象機種に応じて毎月の利用料金から割引
おうち割対象ネット回線と併用でスマホ代から最大1,188円/月割引
家族割引サービス家族で複数回線利用で2台目以降の基本使用量が最大1,188円/月割引
スマホショルダーバッグプレゼントキャンペーンかんたんスマホ3購入でスマホショルダーバッグプレゼント
HELPOキャンペーン月額料金(550円/月/1アカウント)が初月無料
PayPay20%戻ってくるキャンペーン(YMオンラインストア)新規 or MNP+シンプルM/L契約+PayPayでの買い物で最大10,000円PayPayポイントプレゼント
基本料初月0円特典(ワイモバイル)ソフトバンク、LINEMOからの乗り換えでワイモバイルの基本料が初月0円
事務手数料0円特典(LINE モバイル→ワイモバイル)LINEモバイルからワイモバイルへの乗り換え時に必要な契約事務手数料0円

第3位「UQモバイル」

概要内容
通信回線au
月額料金ミニミニプラン:2,365円
トクトクプラン:3,465円
コミコミプラン:3,278円
データ容量ミニミニプラン:4GB
トクトクプラン:15GB
コミコミプラン:20GB
通信速度朝:43.30Mbps
昼:34.16Mbps
夜:2.32Mbps
カウントフリー節約モード利用時はカウントフリー
基本通話料22円/30秒
通話オプション月60分かけ放題:550円
10分以内かけ放題:880円
24時間かけ放題:1,980円
サポート店舗
電話
チャット
メール
初期費用3,850円

UQモバイルは、350万回線以上の契約数を誇り、安定した通信速度と充実したサポート内容が特徴で、初心者にもおすすめの格安SIMとなっています。

UQモバイルのメリット・デメリット

UQモバイルのメリットUQモバイルのデメリット
安定した高速な通信速度料金が他社と比べて高め
節約モードのカウントフリーが便利選べる料金プランの種類が少ない
全国にショップがあるau回線プランしか提供していない

UQモバイルは、格安SIMの中でも通信速度が安定しており、高速な通信が可能です。
また、節約モードを利用すればデータをカウントせずに低速ながらも利用することができます。
さらに、全国にショップを展開しているため、対面でのサポートも受けることができます。

一方で、UQモバイルの料金は他の格安SIMと比べてやや高めです。
また、選べる料金プランの種類が少なく、ニーズに合わせた柔軟なプラン選択ができない点がデメリットとなります。
さらに、UQモバイルはau回線プランしか提供しておらず、他の回線を利用したい場合には考慮が必要です。

【2023年最新】UQモバイルのお得なキャンペーン

キャンペーン名内容
UQ mobileオンラインショップ限定キャンペーン(SIMのりかえ特典)乗り換え+増量オプションⅡ加入で最大13,000円相当au PAY残高へ還元
UQ mobileオンラインショップ限定キャンペーン(新規契約特典)新規契約+対象プラン・機種購入で最大6,000円相当をau PAY残高へ還元
3Gとりかえ割(UQ mobile)他社3Gサービスから乗り換えで最大39,900円割引
YouTube PremiumキャンペーンYouTube Premiumの月額料金1,180円×3ヵ月間無料
Apple MusicキャンペーンApple Musicの月額料金1,080円×6ヵ月間無料
下取りプログラム下取り対象機種に応じて最大70,400円相当還元
UQ mobile オンラインショップ限定 スペシャルセールUQ mobileオンラインショップでMNP or 新規 or au・povoからの乗り換え・機種変更・スマホ単体購入で機種代金から最大5,500円割引

第4位「IIJmio」

概要内容
通信回線ドコモ
au
月額料金850円
990円
1,500円
1,800円
2,000円
データ容量2GB
5GB
10GB
15GB
20GB
通信速度■ドコモ回線
朝:30.98Mbps
昼:14.56Mbps
夜:20.32Mbps
■au回線
朝:15.29Mbps
昼:26.28Mbps
夜:8.31Mbps
カウントフリー低速モード利用可能
基本通話料11円/30秒
通話オプション3分以内かけ放題
10分以内かけ放題
サポート電話
チャット
メール
初期費用eSIM:3,300円
ドコモ回線:3,733円
au回線:3,746円

IIJmioは、240万回線以上の契約数を誇り、大手キャリア回線を利用せずに独自に提供するSIMを持つブランドです。

IIJmioのメリット・デメリット

IIJmioのメリットIIJmioのデメリット
低価格な月額料金支払いはクレジットカードのみ
豊富な料金プランの選択肢実店舗がなくオンラインサポートのみ
家族まとめてのMNP転入が可能通信回線の速度には特筆すべき点はない

IIJmioは、他の格安SIMに比べて低価格な月額料金が魅力です。
利用容量に応じて選べる料金プランも豊富で、自分のニーズに合わせて最適なプランを選択することができます。
また、家族まとめてのMNP転入も可能で、ファミリーシェアプランやデータプレゼントなどの特典も利用できます。

一方で、支払い方法がクレジットカードのみである点や、実店舗がなくオンラインサポートのみという点がデメリットとなります。
また、通信回線の速度に特筆すべき点はありませんが、平均的な通信速度を安定して利用することができます。

料金プランの選択肢が多く、低価格で利用したい方や家族でまとめて利用したい方にはおすすめの格安SIMと言えます。

【2023年最新】IIJmioのお得なキャンペーン

キャンペーン名内容
第2弾 スマホ大特価セールMNPでスマホを980円〜購入可能
初期費用割引新規申し込みで初期費用が3,300円→1,650円
さらにeSIMなら初期費用が550円
通話定額オプション割引ギガプラン+通話定額オプションが410円/月×6ヵ月間割引
ネットとSIM セットでおトクなmio割IIJmioひかり+SIM同時利用で永年660円割引
モバイルルータ特価セールIIJmioギガプラン+Aterm MP02LN SA同時申し込みで本体価格が2,990円で購入可能
タブレット&PC大特価セールIIJmioギガプラン+タブレットもしくはPCの同時申し込みで本体価格から割引
ご愛顧感謝キャンペーンIIJmio利用中+対象機種購入で最大10,000円分の選べるeGIFTプレゼント
2023年夏のIIJmioひかりスタートキャンペーンスマホとセットでIIJmioひかりが最大6ヵ月間無料+初期費用無料+40,000円分の選べるe-GIFTプレゼント
MNP転入(SIM単体)でギフト券プレゼントIIJmioへMNPでSIMのみ契約で1,000円分の選べるeGIFTプレゼント
IIJmioサプライサービスセールIIJmioサプライサービスにて、対象機種を特別価格で販売
Hulu1ヵ月間無料トライアルIIJmio公式サイトから申し込みで通常2週間→1ヵ月間無料で利用可能

第5位「OCNモバイルONE」

概要OCNモバイルONE
通信回線ドコモ
月額料金550円
770円
990円
1,320円
1,760円
データ容量500MB
1GB
3GB
6GB
10GB
通信速度朝:50.90Mbps
昼:36.66Mbps
夜:73.66Mbps
カウントフリーOCN モバイル ONE関連サービス
MUSICカウントフリー
基本通話料11円/30秒
通話オプション10分以内かけ放題
完全かけ放題
サポート店舗
電話
チャット
初期費用3,733円

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが運営する格安SIMで、180万回線以上の契約数を誇る人気ブランドです。

OCNモバイルONEのメリット・デメリット

OCNモバイルONEのメリットOCNモバイルONEのデメリット
MUSICカウントフリーで音楽サービスを楽しめる11GB以上の大容量プランがない
豊富な通話オプションが利用できる店舗サポートがない
購入可能な端末が豊富で低価格支払いはクレジットカードのみ

OCNモバイルONEは、他の格安SIMに比べて比較的安価な月額料金が魅力です。
500MBから10GBまでの幅広い料金プランや豊富な通話オプションを選択できるため、自分のニーズに合わせて柔軟にプランを組むことができます。
さらに、人気のiPhoneやAndroidなど、購入可能な端末も多く、低価格で手に入れることができます。

また、OCNモバイルONEでは対象音楽サービスをカウントフリーで利用できるため、音楽をよく聴く方には魅力的な特典となります。

一方で、OCNモバイルONEは現在のところ11GB以上の大容量プランは提供されていません。
また、店舗サポートがないため、対面でのサポートが必要な場合には利用できません。
さらに、支払い方法はクレジットカードのみとなっています。

OCNモバイルONEは、データ容量が少ない利用者や音楽サービスをたくさん楽しみたい利用者におすすめの格安SIMです。
ただし、大容量プランや店舗サポートを必要とする方には向いていないかもしれません。

【2023年最新】OCNモバイルONEのお得なキャンペーン

キャンペーン名内容
人気のスマホセール
※6月12日まで
人気のスマホが特別価格で購入可能
割引クーポン|機種変更OCNモバイルONE音声対応SIM契約で5,000円分の割引クーポンプレゼント
60歳以上限定特典500MB/月コース契約で最大12ヵ月間0.5GB増量
まとめ
格安SIM選びのポイントは、通信速度や料金プランの比較、自身のデータ使用量の確認、カバーエリアの確認です。乗り換え時にはMNPやキャンペーンを活用し、端末のSIMロック解除にも注意しましょう。また、契約前に利用規約や通信制限についても注意が必要です。格安SIMは料金面でお得ですが、通信品質やサポートの差もあるため、自分のニーズに合ったプランを選びましょう。