2024年版:楽天カードでポイントを賢く貯める方法とメリットの全て

楽天カードの利用でポイントを最大化する方法

楽天カードを使用することで、楽天ポイントカードとの連携や楽天Edyへのチャージ、さらには楽天ペイとの紐づけによって、ポイント還元率を最大化することが可能です。ここでは、それぞれの機能とポイントの貯め方、使い道について詳しく解説します。

楽天ポイントカードの二重取り

楽天カードには、楽天ポイントカードが一体化しており、カードの裏面にあるバーコードを提示することで、楽天ポイントカード加盟店での利用時にポイントを二重で獲得することができます。

  • 楽天ポイントカードの提示:100円(税込)毎に1ポイント(1%還元)
  • 楽天カードでの支払い:100円(税込)毎に1ポイント(1%還元)

このシステムを利用することで、加盟店では合計で2%のポイント還元率を享受できます。加盟店には、マクドナルドやはま寿司などの飲食店や、西友、大丸などのスーパーマーケット、ENEOS、ビックカメラなどが含まれます。

楽天Edyへのチャージでポイント獲得

楽天カードには、楽天Edyの機能も搭載されており、楽天カードから楽天Edyへのチャージでもポイントが貯まります。

  • 楽天カードからのチャージ:200円毎に1ポイント(0.5%還元)
  • 楽天Edyの支払い:200円毎に1ポイント(0.5%還元)

これにより、楽天Edyを利用した場合のポイント還元率は合計で1%となります。

スマホ決済「楽天ペイ」での1.5%還元

楽天ペイは、楽天が提供する電子決済サービスで、PayPayやau PAYと同様のサービスです。楽天ペイへのチャージや支払いによるポイント還元率は以下の通りです。

  • 楽天カードからのチャージ:0.5%還元
  • 楽天ペイ支払い:1%還元

合わせて、楽天ペイを利用することで合計1.5%の還元率を得られます。さらに、楽天ポイントカードの加盟店で楽天ポイントカードを提示することで、+1%還元を受けることが可能です。

貯まったポイントの使い道

楽天ポイントは、1ポイント=1円として様々な場所で利用可能です。楽天市場での買い物や楽天の各種サービスでの支払い、ポイント投資やホテルのグレードアップなど、多岐にわたる使い道があります。また、楽天ポイントカード加盟店や楽天ペイ加盟店で直接利用することもできます。

交換先には、ANAマイルや他社のポイントプログラム、商品券などがあり、特に楽天Edyへの交換では優れたレートで交換可能です。楽天カードの支払いにポイントを充てることもでき、期間限定ポイント以外を利用することで実質的な支払い額を減らすことができます。

旅行特典と利用限度額

楽天カードには、利用付帯の海外旅行傷害保険が付いており、事故や病気による治療費用などを補償してくれます。ただし、国内旅行傷害保険は付帯していません。楽天カードの利用限度額は最高100万円ですが、利用状況に応じてサブカードの作成や限度額の大きいクレジットカードへの切り替えを検討することも一つの方法です。

タッチ決済と楽天カードの種類比較

楽天カードは、マスターカード、VISA、JCBブランドであればタッチ決済に対応していますが、AMEXブランドでは利用できません。楽天カードには一般カード、ゴールドカード、プレミアムカードの3種類があり、年会費、ポイント還元率、利用限度額、付帯保険などの面で異なります。楽天ポイントを積極的に貯めたい場合は、楽天プレミアムカードがおすすめですが、楽天市場を頻繁に利用しない場合や旅行や出張が多い方には、旅行保険や空港ラウンジサービスの利用が考慮されるでしょう。

まとめ
楽天カードを活用することで、日常の買い物から旅行まで、様々なシーンでポイントを効率よく貯めることが可能です。楽天ポイントカードとの二重取り、楽天Edyへのチャージ、楽天ペイへの紐づけを通じて、ポイント還元率を最大化できます。また、貯まったポイントは楽天市場での買い物、楽天の各種サービス利用、他社ポイントや商品券への交換、さらにはクレジットカードの支払いに充てることも可能です。さらに、楽天カードには海外旅行傷害保険が付帯し、利用限度額やタッチ決済のサポートも充実しています。楽天カードの種類に応じて提供されるサービスには違いがありますが、自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶことで、より多くのメリットを享受できるでしょう。